食事で変える心と体

心身の不調を食事や栄養で改善するための情報を発信します。たまに個人的な雑記や気になった話題についても書きますのでご了承下さい(笑)

ダイエットしている方、痩せにくくなったという方必見!ビタミンB2の効果と役割

ビタミンB2
ビタミンB2は主に糖質や脂質の代謝に関わるビタミンです。つまり、ビタミンB2が不足すると、食事から摂った脂肪はもちろん、糖質の過剰な摂取で体内に作られた脂肪が蓄積しやすくなったり、運動をしない人、歳をとって代謝がただでさえ低下している人はさらに体内に脂質がたまりやすく、燃えにくい体になってしまいます。言ってしまえば、太りやすく、痩せにくくなってしまう、コレステロールが高くなってしまう、生活習慣病脂質異常症になりやすくなるなど、ダイエットしている方だけでなく、多くの人にとって良くないことばかりという訳ですね。
しかしそれだけでなく、このビタミンは体の再生にも関係していて、病気や怪我の治癒を早めたり、胃腸やどこかしらの内臓、体の異常がある人の回復を助けてくれる、更に脳細胞にも関与することから精神疾患や脳機能向上などにも一役買っている大切な栄養素なのです。
今回はそんなビタミンB2についてご紹介させていただこうと思います。

役割・効能
体内での酸化還元反応を助ける(活性酸素除去)、ブドウ糖をエネルギーに変える、補酵素になる、脂質代謝動脈硬化防止、老化防止、生活習慣病予防予防、細胞再生、粘膜保護、体の成長、毛髪や肌の組織の構成、口内炎口角炎の予防と治療、目のかゆみ・目の機能の保持、糖質代謝、食欲不振、感情安定、光が眩しい(不足)、脂肪酸アミノ酸など体に不可欠な物質の合成、吹き出物、ニキビ、初老期うつや気分が沈みがちな人におすすめ、食事制限を続けてきた人や抗がん剤抗生物質を飲む人は不足しやすい
欠乏症状→口内炎口角炎、舌炎、皮膚や粘膜の炎症、肝機能低下、脂質の過酸化、眼精疲労、目の充血、成長が遅い(成長障害)など

含まれる食品
レバー(豚、牛、鶏)、うなぎ、牛乳、乳製品、豆類、卵、ぶり、鴨肉、いわし、
アーモンド、納豆、まいたけ、鯖、ほうれん草、豚のハツやタン、ビール酵母、干ししいたけ、ズワイガニ、さんま、まぐろ、カツオ、きのこ類、かれい、どじょう、うずら卵、カリフラワー、サワラ、青じそなど…

その他の情報・注意点など
ビタミンEと一緒に摂ると良い。
ナイアシンと共同して働く
肝疾患、下垂体疾患、糖尿病などの病気、抗生物質精神安定剤、副腎ホルモン剤経口避妊薬等の摂取で消耗し不足するリスクが高まる。
熱や酸化には強いが光やアルカリに弱い。
サプリメントは食事と共に摂り、胃から腸へ時間をかけて移行すると吸収が高まるとされる。
胆汁塩酸により吸収が高まる。

ビタミンB2はあまり馴染みがない方も多いかと思いますがこの記事を見て少しでも参考にしていただければ幸いです。
やはり食事からでは補えない場合もありますので不調がひどい場合はこちらのサプリメントなども試してみることをおすすめします。

【クーポン対象】9/11(火)11:00~9/14(金)11:59まで★1980円以上で送料無料2個セット ビタミンB2 100mg 100粒 NOW Foods(ナウフーズ)

価格:1,178円
(2018/9/11 15:53時点)
感想(5件)


それでは今回は失礼します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加しています!よろしければ押していただけるとありがたいです。